Discography

『あかね』  
発売年月日 型番 価格 メーカー 販売サイト
2005.9.21 OVF-0001 ¥1,200 Orange Voice Factory tower records 通信販売
1 くらげの海から 歌詞
くらげの海から
おどる海で 揺れる夢で
まるでくらげのように 揺れる波に流されて
明日も見えずに

おどる海で 揺れる夢で 今も
まるでくらげのように まぶしい陽の光もすり抜けて
明日を憂う

 今 泣かないで 今 逃げないで
 あせらないで こわがらないで
 受けとめてあげるから
 今 泣かないで 今 逃げないで
 あなたの色魅せてよ もう うそのように

海のかなたに浮かぶ月よ 今やさしく
僕を照らせよ そこから抜け出すために 憂う 
今 立ち上がる

 今 泣かないで 今 逃げないで
 あせらないで こわがらないで
 受けとめてあげるから
 今 泣かないで 今 逃げないで
 本当の海が見える やさしい朝が見えるよ 
 もう うそのように

 このまま受けとめて 
 神様 いるんだろ?
2 歌詞
おかしな夢に そればかりにうなされ
目覚めて何も 覚えちゃいないけど
夜空に笑う お月さま

僕らはいつも 涙に流され
答えは今も 見つけられないまま
扉を開けるものは何?

 先ゆく道は 真っ暗で何も見えないよ
 探してるのは 闇を切りさく月明かり


聞かれて何も 答えられないけど
深みの海で これだけは分かったんだ
このままじゃもう いられないって

 先ゆく道は 真っ暗で何もみえないよ
 求めてるのは 闇夜を照らす月明かり


 先ゆく道は 真っ暗で何もみえないよ
 心の迷路はまだまだ 深くなるだけ
 混沌の旅はまだまだ 終わらないけど
 この唄届け 月が夜道を照らすまで
3 あかね 歌詞
あかね
揺れている 僕らはいつでも
涙は今でも 乾かないまま
雲は流れゆく あやふやな形を
風のせいにして あてもないまま揺れた

胸の奥の言葉 見つけられずに
悲しい時間が 流れた 
目を上げれば まぶしいほど
真っ赤な 夕陽が
この胸を 問いつめる このままでいいの?

 いつの日にか僕ら うちのめされても
 すべてを笑うのさ その日まで
 もう二度と同じ罪を くり返さぬように
 揺れるあかね雲の 向こう側まで走り抜けるのさ

空は音もなく 僕らを包むように 
涙の跡さえ オレンジ色に染めた 

生まれてきたことの 訳を今
僕らこの手で つかむんだ
空に浮かぶ 悲しいほど
真っ赤な 夕陽が
今日の日を 燃えている 二度とない今を 
 
 いつの日にか僕ら うちのめされても
 すべてを笑うのさ その日まで
 もう二度と同じ罪を くり返さぬように
 揺れるあかね雲の 向こう側まで走り抜けるのさ